シンガポール旅行のホテル・航空・お店役立つ情報サイト

シンガポール旅行・観光のホテルと名所と空港や宿泊日記しっかり細かく書いてます♪

シンガポール宿泊したホテルリスト

シンガポールで実際に宿泊した中級・高級ホテルのそれぞれの特徴をまとめました。

>>シンガポールホテルリスト

>>YOUTUBEもやってます♪

※当サイトの画像・文章ともにコピーは、全て禁止です。
コンテンツの盗用、記事の言い回しを変えて記事の使用も禁止です。

シンガポール:チャンギ国際空港

シンガポール・チャンギ国際空港で両替!日本円からシンガポールドルへおすすめの両替所♪

投稿日:2019年5月12日 更新日:

シンガポールのチャンギ国際空港での両替(日本円からシンガポールドル)がお得の場所

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

入国後エリアの両替場所

結果的に、↑この画像の両替所「Travelex」が過去3回の中で一番ベストな両替所でした。

場所:ターミナル1の到着エリア1階のMeetingHall Central

シンガポールのチャンギ国際空港は、行くたびに(1年で)お店の場所が変わるほど、変化が激しい場所です。

両替所も、1年前とは場所が変わっていたので、新しい情報に書き換えました。

色々なブログやサイトがチャンギ空港の最新情報を記載してると思いますが、
シンガポール旅行に行かれる際は、それらのポイントだけを抑えておき、

例え、調べていた情報と違っても、本当の最新の情報を探すのに時間を取られて
予定が大きくずれ込むという、私のようなことにならないように、ご注意ください(//∀//)

この記事もそうですが、このブログでは基本、私の多すぎる失敗談を元に、帰国後なぜそんな失敗に繋がったのかを調べ直して検証してお伝えしておりますヽ(*'▽'*)ノ

シンガポールチャンギ国際空港で両替所のレートはほとんど同じ!

海外旅行に慣れていない頃は、”レートの良い両替所で両替したい!”と、今となってはどうでもいい部分で探していました。

色々なサイトやブログで、市内の”どこどこがレートが良いのでおすすめ!”とか、記載がありますが、

ホテルなどで両替しない限り、どこの両替所でもレートの違いが微々たるものなのがシンガポールなのです。(下方に比較レシートあり)

それよりも、私たち日本人にとっては、セキュリティー面や防犯カメラなどがしっかりしている場所で両替することを優先すべきだと思います。

ですので、その条件をクリアしているチャンギ国際空港では、空いている両替所を見つけることが、一番お得ということになります♪

シンガポールが安全だというのは”命に危険があることが少ない”ということで、私たち日本人を狙った小銭狙いぼったくりは少なくないです。

私は、長期スティでない場合は、スタッフの対応や倫理面・安全面を考えるとチャンギ空港での両替1回だけで事足りるようにしています。
(ラッキープラザという、なぜかよくおすすめされている市内の両替所のことも下方で記載しています。)

シンガポールチャンギ空港の両替所の場所はどこにあるのか?

両替所は、制限エリア内でも入国後のエリアでもどちらでもあります。

飛行機がゲートに着いたらにぎやかな場所(制限エリア)を通り、入国検査へ向かいますよね。

両替所は、その制限エリア内でも、入国後でもどちらにも両替所があります。

チャンギ空港の各ターミナルの制限エリアは,日本の羽田や成田の制限エリアとは比べ物にならないくらいの広さがあり、その分、両替所もATMも多数設置されています。

入国後は制限エリアに比べて一気に寂しい雰囲気になりますが、両替所やSIMカードなど、旅行者にとって実用的なお店の方が目立ってます。

ちなみに、お持ちのクレジットカードが海外ATMに対応している場合は、手数料が必要になりますが、両替所に行かなくてもATMでお金を下ろすことができます。(下方で記載)

シンガポールチャンギ国際空港の両替所の営業時間

24時間営業です♪(全ターミナル)

シンガポールチャンギ空港の両替は入国前がベストだけど・・

まず、シンガポールで現地のSIMカードの購入をされる方は、両替と同時に購入できる両替所がありますし、
シムを購入したいけど設定が不安という方もその心配はありません。

※SIMカードに付いては下方で説明します。

  • 両替とSIMカード購入が同時にでき時間の節約になった
  • iphoneで使えるようにアクティベーションの設定までしてもらえその場で使えた

だったので結果オーライでしたが!

いつものごとく予定通りとは行きませんでした(//∀//)

ちょっと振り返りますね・・・

シンガポールチャンギ空港ターミナル1に到着後の
入国検査前=入国前、つまりにぎやかな免税店が立ち並ぶ制限エリア内で
両替とSIMカード購入をしたかったので、前もって決めていた両替所を見つけ、
”このSIMカードの購入と両替をお願いします”とカウンター内の年配のスタッフに声をかけたのですが・・・

急にパンをかじり出して「休憩中だからできない」と言われましたщ(゚ロ゚щ)

絶対嘘やんヽ(*`ェ´*)ノ 私が声をかけるまで食べてなかったやん!・・・ 。
正直ムッとはしましたが、まだついたばかりなのでここは我慢です。

感情を押し殺して、

「じゃ、他にお店はありますか?」と聞くと「入国検査後のエリアにあるよ」と・・・。

そのお店の横にも両替&シム購入店がありましたが、
欲しいSIMカードの種類がそのお店にはないのです。

入国後のお店でもいいじゃないか?と思う方もいるかもしれませんが、
そこに行くには、スーツケースを受け取った後になります。

できれば、休憩所がたくさんあり落ち着ける制限エリア内で、身軽な内に終わらせておきたかったため残念です(*v_v)

ただ先述しましたが、結果オーライでした。

入国後のお店のスタッフさんがとてもとても親切な方で、全ての要求に「OK!」と笑顔で親指を立てて、
しかもあっという間に終わらせてくれました♪

スタッフさんにお礼を述べて、その場を離れグラブタクシーを呼ぼうとしたら、画面操作が進みません。

※グラブアプリのアカウント登録は、制限エリア内の無料wi-fi(パスポートが必要)環境下で完了しておりました。

忙しいのに申し訳ないな(*u_u)〜と思いながら、再度スタッフの方に聞きに行くと、嫌な顔一つせず、
素早く指の動きで、iPhone内の全ての設定を見直してくれていましたm(_ _)m

どうやら海外で使用できないような設定になっていたようです~( ´·︵·` )~

本当は、入国前にSIMカード購入〜設定を終わらせて、グラブタクシーのアプリ登録を終わらせ、
入国後にすぐにグラブを呼んでアーリーチェックインをしたかったのですが、
また今回も思ったように行きませんでした><

でも、あの例のパンをかじっていた方だったら、ここまで対応してくださったでしょうか?

多分、「わからんわ!」って放棄されたような気がします。

そして私自身ももう少しiPhoneに強くなればなりませんよねヽ(*'▽'*)ノ

シンガポール空港(チャンギ)到着後、両替はすぐした方が良い

タクシー・バス・地下鉄を使って空港から移動する方は、シンガポールドルが必要なので、
とりあえず、空港で両替しておくことをお勧めします。

できれば先述しましたがレートはどこで両替しても変わらないのでチャンギ空港でしておく方が効率よく旅行できると思います。

※EZリンクカード購入の方も現金が必要です。

EZリンクカードは

  • 購入はクレジットカードを使いたければJCBのみ対応
  • チャージはVisaなどのクレジットカードもok

日本円をシンガポールドルに両替しました

ターミナル2のRHBとターミナル1のUOBのレシートを載せておきます。

ターミナル1のTravelexで日本円1万円を両替した時のレシート

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

ターミナル2のRHBで日本円3万円をシンガポールドルに両替した時のレシート

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

応対は普通に良かったです。「笑顔+親切」

シンガポールドルへの両替で必要な種類「お札・コイン」

両替のシンガポールドルの内訳は、前もって調べなかったので、スタッフさんに完全にお任せしました。

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

3万円の両替だったからか、100ドルと1000ドルはお目にかかれませんでした><(ちょっと豪華!)

特に10ドルが重宝しますよ♪

ここの両替店はジップ袋に入れてくれました♪

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所
最終日までこのジップ袋を財布みたいに使ってました(笑)
とても丈夫だったので・・・。ちなみに可愛いデザインはSIMカードを販売しているSingtelの広告です。
毎回ここのSIMカードにお世話になっています。

ターミナル1UOBで日本円1万円をシンガポールドルへ両替した時のレシート

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

ちなみに、オーチャードのラッキープラザという場所でも同じ時期に両替したのでレシート載せておきますね。

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

ラッキープラザというのはオーチャードにある、懐かしさ全開の商業施設です。

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

中に入るとこんな感じです。

オーチャードにある高島屋が入るニーアンシティーの真迎えにあるビルなのですが、田舎にあるショッピングセンターという感じです。

ネットで”レートが良い”とか記載されている多かったので、行ってみましが、2度と行きたくないです(*u_u)

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

2、3の両替所があったので、この画像のお店で1万円分の両替しましたが、強面のおじさんで愛想なんて全くないです。

いや、女性の私からすると本当に怖かったです。

怖かったけですけどタクシーの少額詐欺で痛い目に遭っているので、おじさんの目の前で確認はさせていただきました。

レートはチャンギ空港と全く同じなので、この時に、次回からはチャンギ空港で多めに両替しておくことにしよう!と決めました。

それと、やはりこの辺りの両替所というかこの辺り怖いなぁ〜と感じてしまったのが、

この建物を撮影しておこうと、↑両替をしたお店から2、3歩離れて撮影していると、
少し離れた場所にある両替所のお店の外で椅子に座っているおじさんが、何か私に向かって叫んでいます。

撮影をやめて聞いてみると

「撮るなよ!」と、ものすごい剣幕で手であっちいけよ〜!しながら怒っていました。

おじさんは、自分を撮られているのだと誤解されたようでした。

人の嫌がることはしてはいけませんし、個人のお顔がはっきり分かるような画像は載せないように気を使っていますので、
おじさんの画像を載せることはしませんが、とにかくこの辺りが怖いと感じました(´xωx`)

 

シンガポールのレシートは、数ヶ月経過したら印字が消えてしまうので、経費にする方など早めにコピーが必要!

シンガポール 両替 小銭

旅の感想)コインは10セントまでで十分!

私の場合、地下鉄料金は後述する「EZリンクカード」で支払い、
バスは利用せず、タクシーでの細かいお金は、10セントまでしか使わなかったです。

*EZリンクカードのチャージは、自動販売機で現金(お札)でもクレジットカード(visaもok)

だから1セント、2セントは不要です。

シンガポール豆知識

シンガポールのお札の人物は、 シンガポール初代大統領”ユソフ・ビン・イサーク”です。
日本と違って、お札の全種は同じ人物なんですね♪

チャンギ空港のATMでシンガポールドルを引き出せる!

シンガポール,チャンギ空港,両替,日本円,シンガポールドル,おすすめ,両替所

ATMでシンガポールドルの引き出し大失敗!

本当は、両替はせずにATMでシンガポールドルを引き出したかった・・・!

クレジットカードの裏に”Plusマークが付いていたらできる”という情報を鵜呑みにして、
カード会社に確認もせず、この画像のATMで引き出そうとしましたが、

何度やっても、ある画面から先へは進めません。

後ろに誰も並んでいなかったので5回トライしましたが冷やせが出てきたので断念><

シンガポールドルを引き出せるものだと思い込んで、日本円は3万円しか持参せずに来てしまってたので、オーマイガー!!

2週間の滞在で途中マレーシアにの日帰り旅行も含まれていたのですが、母と何とかやりくりして、2万3千円の使用で何とかしのげました。

帰国後、カード会社に確認すると、海外でクレジットカードのキャッシュ機能を使いたい場合、申請が必要だと教えていただきました。

手数料は若干取られますが、日本円を持ち歩きたくないので早く申請しなければと思いつつ現在できていません。

シンガポールのホテルでの両替

ホテルのレートだけは高く設定されているので、絶対にここだけは避けました。

チャンギ空港で帰国時に日本円に両替する

シンガポールドルが多く余ってしまった場合や、二度とシンガポールには来たくないのでシンガポールドルはいらない!

という方は、レートは悪いですが両替した方が良いと思います。

でもレートで損をするくらいなら、一番良いのはチャンギ空港は魅力的なお店がたくさんあるので、
使い切ってしまうことだと思います。

 

シンガポール チャンギ 空港 入国審査, 入国カード 税関
シンガポールのチャンギ空港の入国審査と注意が必要な入国カードの書き方と大事な関税について

暗くてごめんなさい。 入国に関する重要ポイント シンガポールの入国カードは「出入国カード」になっており、帰国時の出国検査で必要です。 必ず飛行機の機内で出入国カードの記載を済ませておくことを強くおすす ...

続きを見る

mackiyo

-シンガポール:チャンギ国際空港

Copyright© シンガポール旅行のホテル・航空・お店役立つ情報サイト , 2020 All Rights Reserved.