✈️トリタビ🧴

【旅行】特に京都、東京、シンガポール 【最先端スキンケア】細胞から若返る方法 を姉妹で書いてます✨ {旅行記とスキンケアの魅力}

40代50代若返り美容法 最先端美容

【最新型】ビタミンC誘導体APPSの効果がすごい理由

ビタミンC  << ビタミンC誘導体 <<< APPS(誘導体の進化型)

📌APPSはエビデンスがしっかりあるので、皮膚科医の特に女医さんが多く使っていて、施術でも使われている治療薬でもあります。

多くの皮膚科の女医さんも必ず使っているビタミンC誘導体の新型APPSは、薬じゃないのに真皮層まで浸透するんです。
だから真皮層にできるトラブルの悩みをビタミンCで消すことができるという成分

もう、20年以上前から勉強してます。皮膚科の先生しか参加できないビタミンCの勉強会に特別に参加させていただいたこともあります。

だから、ちょっと詳しいので詳しくお伝えしていきます!

私のスキンケアの土台で絶対必須の成分で毎日朝晩塗布しております。

先ほどAPPSは「真皮層にまで浸透できる」とお伝えしましたが、真皮層にまで浸透しないと肌は変わらず悩みに効果しないのです。

要はイオン導入が不要なので、自宅で塗布するだけで浸透します。

薬じゃないのに真皮層まで浸透するし、研究結果が豊富にありエビデンスがしっかりあるので、
皮膚科クリニック等でも治療として使われ,今現在も研究開発が盛んに進められています。

肌のスペシャリストである皮膚科の医師たちは、
化粧品には見向きもしないのに、
”これだけは手放せない”と言わせてしまう魔法のような成分がビタミンC誘導体APPSです。

ちょっと小話なんですが、医師の方たちって「一般化粧品」を鼻で笑う方が多いんです。

なぜなら「化粧品」は ”角質層までにしか染み込まない” からです。

角質までだと最大でも保湿の効果しかありません。

📍皮膚科医が女子プロゴルファーに伝授している「日焼け対策」は、「しっかり日焼け止めを塗って夜たっぷりAPPSを塗ること」と言われています。

どの悩みに効果するかは、しっかり後述していますので省きますが、塗っておけば自動的に予防にもなるのがAPPSの優れたところです。

📌APPSがあれば、予防のための化粧品は不要。

私が長年ずーっとビタミンC誘導体のAPPSを手放せない理由の一つに、悩みを消しながらも同時に予防もできるという理由があります。

私、美容が好きなくせに未来の肌悩みや老化の予防が苦手で、予防用の化粧品は絶対買いません。

だって、見えない未来のシミとか肌のサビとかを予防するために、それ専用の化粧品なんて不要だということを知っているからです。

見えないことに対しては、どうしても重い腰が上がりません。

でも予防は必ずしなきゃいけないとわかってはいるので、APPSの存在を知った時は目から鱗でした♪

APPSに「予防」で1年間助けられてること

  • 春・・・紫外線のダメージ ゆらぎ肌
  • 夏・・・紫外線のダメージ ベタつきの原因の皮脂過剰(+伴うサビ)吹き出物
  • 秋・・・肌のゆらぎ
  • 冬・・・皮膚のガサガサの元、角質層を整える

📍見えにくい皮膚の酸化(皮膚が錆びていくこと)を予防できるのはマジで助かってます。

今実感してること

私は頬などにシミがないんです
母はすごくシミがあるから遺伝的には不利なはずなのに。

効果については詳細を後述しています。

📍たるみ予防は流石にダメ💦 皮膚のもっと深い部分が原因だから


昔というか、知識がまだただのエステティシャンの頃にAPPSの原料を購入して手作りしてたこともありました。

原料で買ったら安そうだし、添加物なしだし、安い分原料多めに入れたら効果爆上がりじゃん!!って単純な理由でした。

実は手作り化粧品は効果が下がってしまう上、使い勝手悪く、持ち運びは絶対してはいけないのでストレスが溜まります。

そもそもAPPSの効果を出すには 「即効性 浸透力 持続性 」が重要で、そこにAPPSの濃度をどうするかが加わります。

やはり、原料、配合量、構成などの製造のプロフェッショナルが揃っていて、滅菌などの衛生面が徹底された工場で作られることはとても重要です。

 

📍詳細は下方でお伝えしております。(目次でその部分にジャンプできます)

ビタミンC誘導体最新型「APPSアプレシエ」とは?

ビタミンC誘導体の種類の1つがAPPSで、この「型」が誘導体のビタミンCの中で一番優れています

📍効果が100倍!!

薬じゃないのに真皮層まで浸透し、肌内でビタミンCへ変換する力も高く、重要である「安定性」の高さも備えています。

まずは名前から

  • APPS
  • アプレシエ
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸NA3a

📍この3つは全て同じ成分です。

※「アプレシエ」は一般名(製品名)
※「パルミチン酸アスコルビルリン酸」は、APPSの本名で専門家はこちらで呼ぶ。

ビタミンC誘導体最新型APPSの凄さ!

  • 史上最高のビタミンC!
  • 悩みの元にビタミンCが届く
  • 他には類を見ない最強スーパマルチ成分

📌新型APPSは敏感肌でも使える

新型APPSは、従来型のビタミンC誘導体から改良され、アトピーや敏感肌の方にも安心して使えるように改良されたのです。

APPSは肌内のヒアルロン酸・エラスチン・コラーゲンの増殖する

APPSを塗布すると、肌の中にある物質のヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンが増えます。

正確には、それらを分泌しているお母さん細胞の「線維芽細胞」のAPPSがパワーを与え、産出量が増えるのです。

ですので、私はコラーゲンやヒアルロン酸の化粧品は買っていません。皮膚の表面に塗るより、ヒアルロン酸やコラーゲンは肌の中で増えないと意味がないので・・・。

APPSを塗ってしばらくすると、肌にハリが出たり、潤いが出るのは、これが理由です。

薬じゃないのに「真皮層」まで届くから効果が出る!!

⬆︎紫外線は”真皮層”まで届く(真皮層にはコラーゲン、ヒアルロン酸などが分泌されていて、攻撃されると肌が老化してしまう💦)

「薬じゃないのに真皮層に届く」と聞いて、ピン!ときた方は、勉強熱心な美容関係の方か皮膚科の医師くらいです。
看護師さんでも知らない方が9割以上なんですよ。

ビタミンcの誘導体の最新型である「APPS」は、塗布のみで真皮層にまで浸透する作用があります。

APPSは、皮膚細胞間に入り込み、その奥の真皮層まで浸透します。

真皮層に届くということは?

真皮まで届くということは、真皮層がダメージを受けたことにより生じる
“しみ”や“しわ”に対する直接的なアプローチが可能だということになります。

薬ではないので副作用がない、だから魔法のような天然の成分なのです

そのため,保険適用外でクリニックでもよく使用されてますが、医者を通さず普通に家で使えますよ!!

一般化粧品は、肌の表面にとどまることしかできません。

それは技術上ではなく化粧品の法律の問題です。

化粧品とは、表面を保湿し清潔に肌を防御する為のもので、「角質層」という肌の表面にのせるくらいでしか作っちゃダメだよ!!って法律です。

「化粧品」というものは、薬品とは違い「保湿 衛生」の効果しか出せないように作らなければ法律違反になるのです。

おかしな話ですよね。美容業界に入ってしばらくは”ちんぷんかんぷん”でしたが、安全上の問題で化粧品は「潤い=保湿」しか効果を出せないように製造しなければならないのです。

法律でそのように決まっており「化粧品法」にそう記載されているんです。

「お薬」は、深い部分にまで届く訳ですから、効果がすごいですよね。
でもその分薬には必ず副作用があります。

だから怖いし、だから一般人は扱えないのです。

普通の化粧品→保湿効果のみ

CMや広告では、シミやたるみなどに効果があるように謳っていますよね。

これを読んでいるあなた自身、CMを見たり雑誌で読んだ効果を信じて化粧品を買っているけど効果がない。
それをなんども繰り返しているのではないでしょうか。

APPS型はイオン導入機が不要

APPSはイオン導入器がなくても、ビタミンC誘導体を肌の内部へ浸透できる珍しい、いやっ他にはない美容成分です。

自力で肌の中に浸透していくように改良され、塗布するだけで真皮層にまで届く成分なのがAPPSです。

なぜAPPS型はイオン導入が不要?

APPSは水にも油にも溶けるビタミンC誘導体です♪

水溶性と、油溶性の両方の効能を備えています。

水溶性と油溶性を待ち合わせるということは、まるで界面活性剤のように肌に浸透できる構造になっているということです。

APPS型になる前のリン酸型ビタミンC誘導体に、パルミチン酸を付加したのがAPPSです

つまり、「パルチミン酸=油になじむ」という物質に、「リン酸3Na=ビタミンを安定させて水になじませることができる」という物質で、
水溶性と、油溶性の両方の効能を持ち合わせる物質が新型のAPPSなのです。

従来のビタミンC誘導体は、イオン導入器がないと効果はゼロ💦

APPS型が開発されるまでの旧型のビタミンC誘導体は、イオン導入機がないと皮膚内に浸透できなかったので、クリニックに行って施術を受ける必要がありました。

📍😤個人が購入できるイオン導入機やエステサロンでのイオン導入機はおもちゃに近いもので、気休めでした。

本当に効果が出せるのは医療機器レベルのものです。

一昔前は、APPS型がなく、ビタミンC導入は医療機器を使う必要があるため、ビタミンC治療と言われ、高級美容治療でした。

事実、イオン導入は症状を消すまでは本来毎日必要なのですが、
1回5000円くらいの料金設定にして「2週間に1回でも効果あります」などとカウンセリングで伝えます。

毎日必要だと真実を言ってしまうと誰も施術を受けないからです。

500円くらいで提供してくれる夢のようなクリニックは残念ながらありません。イオン導入機自体が高額なので初期費用を回収しなければなりませんしね。

📍APPS型は塗れば肌内へ浸透でき、薬じゃないので安全だし、肌が弱い人でも問題なく使える最高の成分です。

普通のビタミンCとビタミンC誘導体はまったく違います!

📸準備中

肌の奥へ浸透できないビタミンCと浸透するビタミンCがあります。

ビタミンCの効果の大きさ

ビタミンC  < ビタミンC誘導体 << APPS(誘導体の新型)

 

📝ピュアビタミンCという名称を使用している化粧品もありますが同一成分です。

普通のビタミンCは何の効果がある?

例え高濃度であっても普通のビタミンCは、肌奥へ浸透できないので肌の悩みを解決することはできません。

普通のビタミンCは浸透しませんが、かといって「浸透型じゃないなら意味ないじゃん」にはなりません。

皮膚を塩素から守ったり体内に取り込む事により風邪の治りを助ける効果は普通のビタミンCでも十分あります。

📍例えば皮膚内のあるコラーゲンは、ビタミンCを栄養にして分泌量がグングン増える性質ですが,コラーゲンは真皮層にありますので,そこまで浸透しなければならないのです。

普通のビタミンCには以下のような効果があります。

  • お風呂のお湯には必須(粉末)
  • 市販のドリンクなどに天然の保存剤として使用されている(含有)
  • 風邪を引いた時の細胞修復をしてくれる(飲む)

皮膚の中には浸透できないのので健康と肌を守るまでの効果です。

皮膚へ効果させるにはビタミンのc誘導体の化粧品を使う必要があります。

普通のビタミンCは、風邪を引いた時の回復の効果や、水道水のサビを取り、肌を塩素から守ってくれるような効果を持ちます。

塩素除去のために高価なビタミンC誘導体なんて使う必要はありません。
お金が有り余っているなら止めはしませんが・・・。

普通のビタミンCとは?

ビタミンCの正式名をアスコルビン酸と言います。
昔から、美容に良いと言われいますが、ビタミンCのサプリメントの粉末を肌に塗っても、ビタミンCが豊富なレモンをいくら肌に塗り込んでも、ビタミンCは皮膚に入っていきません。

ちなみに。レモンを皮膚に直接つけるとかは、とても危険なことです。
マルガリータ皮膚炎で調べてくださいmm

ビタミンCは安定性や浸透性がなく、酸化しやすい為、ビタミンCを顔に塗布しても、肌奥へ浸透することはできないのです。

私が子供だった時、女優さんたちがドラマの中とかでフルーツの薄切りを顔にパックしてたのを覚えています。意味がないどころか肌にとって危険なことだったのです。
キュウリは真似した記憶あり(汗)

ビタミンCは肌につけると痛いだけでなく恐ろしいことになる😱

絶対にお勧めしませんが、ビタミンCの粉末を肌につけるとめちゃめちゃ痛いです。
肌にダメージです。
それに効果は全くありません。

📍残念ながら水溶性であるビタミンCそのものは角質層のバリアを通過することができません。

※絶対に皮膚に塗ってはいけません。

誘導体処理のされていないピュアビタミンCを直接肌に塗布した場合
普通のピュアビタミンCは非常に安定性が悪いため、紫外線を浴びたりするとすぐに肌表面で酸化してしまい、ビタミンCはデヒドロアスコルビン酸という恐ろしい活性酸素に変身してしまいます。

デヒドロアスコルビン酸は、ニキビや湿疹といった肌トラブルやシミやシワ等、肌老化を促進させる原因になり、これまで肌に良いとされていたビタミンCの効果とは真逆の働きをする恐れがあります。

※肌に塗るときは誘導体のビタミンCであるかを確認してください。

普通のビタミンCには次のような効能がある

普通のビタミンCは「アスコルビン酸」と呼ばれています。

このアスコルビン酸は、体内にビタミンCを届けたり、お湯の質を変えたりするためにとても重要な存在です。

普通のビタミンCの優れた効果①お風呂の塩素除去

「お湯が軽いなめらか」になる。

一番風呂のお湯は堅い?感じがしますよね。それがビタミンC粉末を入れることでなめらかになります。
これはお湯の塩素を中和させるためです。

塩素除去してますか??

水道水に含まれている塩素は肌を刺激します。アトピーさんはこの塩素が強敵なので、マストアイテムになっとります。

私は、プロフでも記載してますが、アトピーっ子で包帯ぐるぐるでした。
でも母はお勉強ができないタイプで、皮膚科の先生の言いなりにしかなれず、食事を変えたり、ビタミンCをお風呂に入れたり、そういう知識が全くなく、強いステロイド治療のみでした。

アトピーさんに限らず、塩素はお肌に大敵だし、添加剤多めの入浴剤よりもできればシンプルなビタミンCを選択してほしいなと思います。

※特に敏感肌やアトピー肌さんは塩素対策は必須です。

高齢者と一番風呂

それと、高齢者の方は一番風呂を避けた方がいいといいますよね。その理由の一つがこの塩素です。
高齢の方は肌の水分が少ないので塩素が刺激になってしまうからです。

脱衣所と浴室に温度差がないように温め、かつビタミンCで塩素除去できれば一番風呂も問題なくなります。

私がお風呂に入れてるビタミンC

ビタミンC粉末は1g(ほんのちょっと)入れてます。

入浴剤と併用できるので、私はマグネシウムを入れています。

1キロ、1,000円くらいで買え1キロと量が多いので1年とか余裕で持ちます。

購入する場合は、アスコルビン酸の原料のとうもろこしは非遺伝子組み換えであることをチェックされてくださいね。

 

例えば、私が使用しているこの普通のビタミンCはお風呂の中に毎日入れています。

シャワーのお湯にビタミンC

🙇‍♀️準備中

洗面所の水道の塩素対策は?

洗面所といえば洗顔の時の塩素対策が気になりますが、洗顔後は皮膚についた水分を完全に拭き取り、すぐにビタミンC誘導体入りの美容液をつけるので、塩素の対策いらずです。

普通のビタミンCの蘇り効果②飲む

ビタミンCの補給

食材などで多く摂取できた日は飲みませんが、風邪をひいた時は少し多めに飲んだり、疲れた時などに飲むと効果がよくわかります。

特に口内炎の時は効果がわかりやすいです。数時間後には小さくなってくれるので。

口内炎に効くということは、切り傷や火傷などの治りも早くなります。加齢により傷って治りにくくなりますからね。

あとは筋トレ後にも飲んでます。

ビタミンCは大量に飲んでも水溶性ですので、尿で出ます。ほとんど副作用的なものはないのですが、直接お粉を飲むのはNGです。

胃が荒れますので・・・。なので品質の良いカプセルタイプを飲んでいます。

⬇︎当てはまる場合、ビタミンCが足りないかもしれません。

  • 歯茎からの出血しやすい
  • 切り傷の治りが悪くなる
  • 免疫力の低下
  • 肌のはりが失われる

最低必要量 1日に110mg程度です。
でも、あくまでもそれは最低量なので、1000mgは飲んだ方がいいです。
過剰に摂取してしまっても不要な分は尿で排出されるので大丈夫。

ただ、1000mgの摂取で下痢。2000mgで吐き気を起こす体質の人もいるので、900mgまでの方がいいのかもしれない。

夏などは多めに摂取した方がいいし、運動する人は倍必要です。

摂取方法

一度にたくさんとるよりも分けてとったほうが吸収率よい。

体内に24時間ビタミンCがある状態にしておくのが美しい肌になる条件なので、1日3回食後に飲むように癖づけています。
体調が悪い時は5、6回に増やしています。

※空腹時は胃が荒れるので避けた方がいい。

時間をあけて分けて飲むと、同じ量でも一度に摂取するより多く吸収することができます。

📍一度に多く摂取するより、小分けでできるだけ回数多く摂取すると効果が高くなる。

 

💁🏻‍♀️空腹時か満腹時か? →答えは満腹時

空腹時は吸収速度が速い  短時間の摂取なので過剰分はすぐに尿として排泄されてしま

満腹時は吸収速度が遅い  吸収しながら、その間ビタミンCも消費され、その消費分余計にビタミンCを吸収することができます。

📍ビタミンCは食後に取る!!

空腹時では吸収率は20~50%(平均34%)、
食後の満腹時には45~60%(平均52%)と吸収率が大きい。

 

亜鉛や鉄と一緒に飲むと、相性が良いので吸収率がアップします。

私が飲んでるビタミンC

飲むサプリメントのビタミンCはハズレが多いので苦戦していましたが、口内炎や怪我などの時に飲むと効果あるものかどうかがわかりやすいです。
このビタミンCは、口内炎がすぐにひいたので、すごい!!となってから飲み続けています。

ここまで毎回、口内炎の治りが早いものはありませんでした。

もちろん飲む目的は、美肌のための根本的なことのためです。

ビタミンCの歴史

1753年にイギリス海軍省のジェームズ・リンドは、食事環境が比較的良好な高級船員の発症者が少ないことに着目し、
新鮮な野菜や果物、特にミカンやレモンを摂ることによってこの病気の予防ができることを見出した。
その成果を受けて、キャプテン・クックの南太平洋探検の第一回航海(1768年 - 1771年)で、ザワークラウトや果物の摂取に努めたことにより、
史上初めて壊血病による死者を出さずに世界周航が成し遂げられた。

しかし、当時の航海では新鮮な柑橘類を常に入手することが困難だったことから、
イギリス海軍省の傷病委員会は、抗壊血病薬として麦汁、ポータブルスープ、濃縮オレンジジュースなどをクックに支給していた。
これらのほとんどは、今日ではまったく効果がないことが明らかになっている(濃縮オレンジジュースは加熱されていて、ビタミンCは失われている)。
結局、おもにザワークラウトのおかげだったことは当時は不明で、
あげく帰還後にクックは麦汁を推薦したりしたもので、長期航海における壊血病の根絶はその後もなかなか進まなかった。

1920年、ドラモンドがオレンジ果汁から還元性のある抗壊血病因子を抽出し、これをビタミンCと呼ぶことを提案した。
1927年にはセント-ジェルジがウシの副腎から強い還元力のある物質を単離し、「ヘキスロ酸」として発表したが、
1932年にこれがビタミンCであることが判明した。
1933年にハースによってビタミンCの構造式が決定されてアスコルビン酸と命名され、
1933年にはライヒシュタインが有機合成によるビタミンCの合成に成功した。

出典:Wikipedia

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体は普通のビタミンCの弱点を改良した成分です。

📍ポイント
ビタミンC誘導体であればなんでも良いという訳ではない
種類が多い!

ビタミンC誘導体は厚生労働省が認可した有効成分

美意識の高い女性や皮膚科の女医先生方がみんな使ってる「スーパー美容成分ビタミンC誘導体」は、日本の政府から効果があるとお墨付きの珍しい成分です。

でも、「ビタミンC誘導体」には多数の種類があり、どの種類を選ぶかで効果も大きく違うし、古いタイプのビタミンC誘導体を使っていると効果が低いわりに値段が高いので損していることになります。

最新型はイオン導入なしで肌の中に浸透できるし、油でも水でも効果が発揮できたり、敏感肌でも使えるなど優れた成分に改良されていますが、
儲けのためにわざと従来のビタミンC誘導体でメニューを提供するクリニックや、価格をあげられないので従来のビタミンc誘導体配合の化粧品の販売を続けるメーカーも普通に多いので注意が必要です。

ビタミンC誘導体で化粧品を手作りされる方も、効果が薄く低くなっているので要注意です。(安定性などの問題クリアは一般の環境では不可能です)

ビタミンC誘導体は日本政府の厚生労働省が効果があると認めているので、もちろんしっかりとしたエビデンス(科学的根拠)があり、しかも効果効能の評価が高い成分なので、シミ治療,ニキビ治療成分として、一般皮膚科クリニックでも使われています。

※これらの症状は病気ではないので保険は適用されません。

 

厚生労働省が認可した医薬部外品有効成分なので、安全でかつ効果が高く認められているのです♪

薬ではないため副作用などの危険もありません。

ちなみにエステサロンで行うイオン導入や個人で買える美顔器はお金の無駄ですよ。

 

美肌効果を得るためには、いかに皮膚内に届けて活性化できるかが重要なのですが、ビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質を持っています。

安定性が低くて空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失うので長年かけて「誘導体」が開発されました。

ビタミンCが誘導体の形で皮膚内に入ると美容効果を絶大に発揮しますが、普通の状態つまり普通のビタミンC(ピュアビタミンC)の形では限定した効果しかありません。

そのために皮膚の中にビタミンCを浸透させて、シミやくすみや日焼け後の色素沈着などの改善をさせることが目的で、ビタミンCの誘導体が開発されました。

ですが、健康と肌を守るためには普通のビタミンCもかなり重要な役割を果たしてくれています。

何より安価ですしね♪

ビタミンc誘導体は従来の型と最新型で効果が全く違う!

ビタミンC誘導体には種類があり、使おうとしているまたは購入しようとしている場合、どの種類なのかを確認する事が重要です。

ビタミンC誘導体は歴史が長く研究も活発に行われ(もちろん今も)その時代ごとに新しいビタミンc誘導体が開発されています。

歴史が古いため多くの種類を要するビタミンC誘導体の種類ですが、

最新型は、イオン導入機なしで真皮層まで浸透できる「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」通称APPSと呼ばれる種類が肌の最強若返り成分であると、最先端皮膚科学会でも話題になっています。

ビタミンC誘導体は種類により効果が全然違う

まず皮膚の表面は、自分が分泌する脂溶性(油)の膜で覆われています。

これは成分が浸透できるかどうかを理解するために大事なお話です。

皮膚は天然の油分で覆われていることや、バリア機能によって、皮膚の奥には何も浸透する事ができないような仕組みになっています。

※そもそも皮膚は筋肉や内臓を守るために存在している。

油と水は本来交わらないですよね?

食材や粉末、錠剤などのサプリメントにあるような普通のビタミンcは、水溶性であるため経皮吸収(肌の奥に吸収)ができず効果しません。

ですが、ビタミンCが誘導体にすると、水溶性であっても経皮吸収が可能になります。

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性の2種類があり、これが従来型になります。

従来の誘導体は経皮吸収の力が弱かったり、肌質によっては肌にダメージを与えるような種類もありますので、ビタミンC誘導体であれば、なんでも良いという訳ではないのです。

ビタミンC誘導体の効果

一言で言うと、ビタミンCを肌の奥へ届けることができること。

ビタミンCを肌の奥へ浸透させられるように改良した成分がビタミンCの誘導体です。

ビタミンCには肌を若返らせる・シミやくすみを消す・酸化を強力に予防するなどの美容効果がものすごくあるのですが、

肌の中に入っていかないと、こちらのビタミンCの記事で記載した通り、肌の老化症状を消す効果は発揮できないのです。

ビタミンc自体の効果は優れているのに、それを肌の中に浸透させることができない!!

それをなんとかできないのか!!っと研究がはじまって、ビタミンc誘導体が開発されました。

ビタミンC誘導体は、普通のビタミンCとは違い角質層への浸透力があり、肌奥へ吸収された後、酵素反応によってビタミンCに変化します。

(新型は真皮層まで浸透)

浸透すると、酵素の作用で誘導体とビタミンCを切りはなし、皮膚内でビタミンCの効果を発揮させることができるのです。

※ビタミンCを化学的に構造を変化させ、人の肌へ浸透できるようにしたのがビタミンC誘導体です。

 

紫外線撃退!24時間以内に塗布するとリセットする!

紫外線は細胞へ大きな大きな刺激を与えますが,24時間以内に塗布すると、リセットする効果があるので疲れてスキンケアが出来ない日でもこれだけは塗ってから寝ましょう♪

活性酸素を除去する

肌トラブルと老化を促進させるほとんどの原因が活性酸素ですが、これもビタミンC誘導体の強い抗酸化力で、大量の活性酸素を無害化します。

アトピー,ニキビ,敏感肌の原因は,活性酸素が大きく関係しています。

ビタミンCを摂取すると体内の活性酸素が除去されるのと同じで、皮膚内の活性酸素・フリーラジカルを除去し肌ストレスに強くなります。

現状維持ではなく、肌の機能がアップしていきます。

活性酸素を放置しておくと,真皮のコラーゲンを破壊し肌の抵抗力が段々失われていき、様々な原因不明の肌トラブルへ進行して行きます。

ビタミンC誘導体は歴史が長く研究が盛んなため種類が多い

種類が違うと何が違う?

  • 肌の中でビタミンCに転換されるスピードが違う
  • そもそも変換できない種類がある
  • 浸透のスピードが違う
  • 刺激が強い種類がある
  • 乾燥する種類がある
  • 油溶性、水溶性に別れ、使い勝手が悪いなど・・・
  • 最新型以外はイオン導入が必要

※ちなみに誘導体は、普通のビタミンCとは違い、日光に当たっても問題ありません。

よく間違われることの1つ

化粧品への配合の濃度が高い方が効果が高いと言う考えについてですが、ビタミンc誘導体の濃度が高ければイコール効果が高いということは浅はかな考えで、浸透性や返還率も備わっていなければ効果が薄くなってしまいます。

浸透のスピードが違うということは、効果が表われるまでの時間が違うということですので、
どの種類のビタミンC誘導体を選ぶかで効果に大きな差がでます

逆に濃度が高いだけでは、肌への刺激が強くなり色素沈着などを発症します。これでは本末転倒になっちゃいますね。

例えば旧型のビタミンC誘導体で濃度が高い配合のものは危険です。

皮膚の奥でビタミンcに転換できなければ効果は出ない!

ビタミンC誘導体は肌内へ浸透後に、酵素の力を使ってビタミンCへと転換し、皮膚の中で作用する成分です。

全てのデメリットが改善され従来の100倍の効果を持つのが最新型です。

従来のビタミンC誘導体は、イオン導入器とセットで肌に塗布しなければなりませんが、「最新型APPS」は、イオン導入器がなくても肌奥へ浸透することができます。

ビタミンC誘導体は大きく3種類に分かれる

ビタミンC誘導体は大別すると3種類に分かれます。

  1. 水溶性ビタミンC誘導体
  2. 脂溶性ビタミンC誘導体
  3. 両親媒性ビタミンC誘導体

📍APPSは3の両親媒性になります。

ビタミンC誘導体の種類の名前

ビタミンC誘導体の種類はめっちゃ多い😱

📝ビタミンCの効果を発揮できるビタミンC誘導体と、そうではないビタミンC誘導体の違いと見分け方が分かるよ!

📍ちなみに、ビタミンCは[アスコルビン酸]と表記されます。

別に覚える必要なんてないのですが、使っているビタミンC化粧品の中に入っているそのビタミンCが本当に効果があるのか、効果が高いのかが判断できるようにはなりまっせ🤓

水溶性

アスコルビルリン酸Na  APS AA-2P VC-PNA 水溶性
リン酸アスコルビルMg  APM MAP VC-PMG 水溶性
アスコルビルグルコシド AG AA-2G 水溶性
グリセリルアスコルビン酸 VC-2G 水溶性
3-グリセリルアスコルビン酸 VC-3G 水溶性
ビスグリセリルアスコルビン酸 VC-DG 水溶性
3-O-エチルアスコルビン酸 VCエチル 水溶性

脂溶性

L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル VCパルミテート 脂溶性
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル VC-IP 脂溶性

両親媒性

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na APPS 両親媒性
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K EPC 両親媒性
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na APIS 両親媒性
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸 GO-VC 両親媒性
ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸 VC -MG 両親媒性
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸

  • ビタミンCの効果が高いのは「リン酸型」
  • グルコシド型はイオン導入しても浸透しないし、肌に直接塗布しても、効果を実感しにくい成分

ASVC(活性保持型ビタミンC)について

ASVCを肌に塗ると、酸性の高濃度のビタミンCが溶け出すため、肌に刺激を感じるケースも多く赤みや痒みが出てしまうという症例をよく聞くので、高いお金を出してまで買う必要はないと思います。

普通に安定したAPPSの方が効果が高い上、安全です。

新型は両性を併せ持つタイプ!

最新型のビタミンC誘導体は、油溶性と水溶性を併せ持つタイプで、従来型の100倍の浸透力があるんです♪

 

従来のビタミンC誘導体のメリットとデメリットをお伝え!!

①水溶性のビタミンc誘導体

  • リン酸アスコルビルMg
  • リン酸アスコルビルNa
  • アスコルビル酸グルコシド
  • アスコルビル酸エチル

水溶性ビタミンC誘導体の特徴

水に溶けやすいため化粧水に使われる。
肌馴染みが良く、肌の浅い部分に効くが安定性がない。

早く吸収される反面、皮脂の分泌を抑えるため、敏感肌さんや乾燥肌さんは刺激となる。

②油溶性のビタミンC誘導体

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ジパルミチン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル

油溶性ビタミンC誘導体の特徴

  • 安定性は高いが、即効性がない。
  • 油に溶けやすいためクリームに使われる。
  • 肌の奥まで効果するが即効性がない。

③最新型高浸透ビタミンC誘導体(水溶性と油溶性を併せ持つ)

  • APPS=パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(最新型)
  • APIS=イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(これも新型だが乾燥が強く肌が突っ張る)

ビタミンC誘導体の歴史

ビタミンC誘導体の歴史は古く、20年以上前から治療成分,美容成分として存在しており,私自身も旧型を含め15年前から使っています。

ビタミンC誘導体(ゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。
誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。
ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。

ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。
また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。
美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。

出典:Wikipedia

わかりやすく説明すると、

普通のビタミンC(アスコルビン酸)に、リン酸やイソパルミチン酸などの物質を結合させて、安定性や吸収性を高めたものが「ビタミンC誘導体」になります。

ビタミンC誘導体は、バブルの終わりかけくらいから美容成分として美容雑誌等により有名になりました。

30歳以下の方達からすると信じられないかもしれませんが、バブルの時代(1980年代)はこんがりと日焼けしていることが、かっこいいとされていた時代でした。

日焼けサロンに行ってでも肌をこんがりさせる人も多かったですしね。

アムラーやガングロが流行った時代も終焉し、現在は美白命!の日本人が圧倒的です。

紫外線に対する意識が高まったことで、日焼けは、肌の色が黒くなることやシミができるだけではなく、たるみ・しわなどを引き起こし、皮膚癌になる原因にもなっていると知ったからです.

従来型ビタミンC誘導体入りの化粧品は効果が低い従来のタイプだ!

ビタミンC誘導体入りの化粧品が多く販売されていますが、ほとんど効果が感じないと思っている方は多いと思います。

その理由は、市販品のほとんどはアスコルビン酸クルコシドというビタミンC誘導体が使われていることにあります。

このアスコルビン酸クルコシドは最新の研究により,以下のことが判明しています。

  • 人の皮膚の中ではビタミンCになりにくいということが判明
  • 開封後は冷蔵庫や冷暗所で保存する必要がある
    (ほとんどの方は冷蔵庫に入れないですよね)
  • 大量に出回る市販の化粧品には向かない性質である

・・・ということは,効果はないということです><

APPSはどんな悩みを消すことができるの?

💁🏻‍♀️個別の悩みについては後述してます。

よーく雑誌などで見かけるのは、「ニキビに効く」ってやつですが・・・💦

これが誤解を生みやすくしていて、残念です。

私はニキビでは悩んでなくてシミ消しや毛穴の開きを縮めるのが目的で使ってるし、APPSを塗っておくと自動的に他の肌なやみにも効いてるので、一体いくつの悩みを解決してくれてるんだろうか??という感じです。

📍ニキビ特化みたいに伝えられているのは、ビタミンC誘導体がクリニックでニキビ治療で使用されているからかもです。

APPSが他には類を見ないマルチ美容成分である理由!

マルチ成分と言われると、ちょっと効果が弱く感じて聞こえてしまう。
まるで総合風邪薬みたいに。

なので私は、マルチとかオールインワンとかの化粧品は絶対に買いません。

このAPPSガマルチ成分というのは、ちょっと意味が違ってくるので説明していきますね。

老化(予防)と肌トラブル・ダメージなど全てに効果する珍しい成分

皮膚の老化は皮膚の表面に原因があるわけではありません。
まず、皮膚の老化とトラブルの原因は別であることを認識していなければ、悩みの症状を消すことにことごとく失敗してしまいます(◞‸◟)


📍皮膚の表面のトラブル

皮膚のトラブルは、皮膚の表面のスキンケアの間違いや、毎日食べている食材の刺激物や添加物の摂取が個人のキャパを超えてしまった時に、皮膚の表面に発症します。

代表的な症状

  • オイリー肌・皮脂過剰
  • 大人ニキビ
  • キメの乱れ
  • 活性酸素によるクスミ
  • 活性酸素除去(特にオイリー肌さんは大事!)
  • 色素沈着
  • 毛穴の中の黒ずみ(イチゴ鼻もこれ!)

📍皮膚の老化

それと違って皮膚の老化は、皮膚の奥側の真皮層と筋肉層の劣化が原因でそれが皮膚の表面に現れるのです。(しわ・シミ・たるみ・毛穴たるみなど)

ですので、老化の症状をなんとかしたい場合は、皮膚表面のケアを変えても何も効果しないのでお金と時間の無駄になってしまいます。

老化の症状を消したい場合は、有効成分を真皮層にまで浸透させなければ症状を消すことは残念ながらできないのです。真皮層まで届き浸透する成分配合入り化粧品じゃなければ老化に効果なし!

 

代表的な症状

  • 濃いシミ
  • 浅いシワ(小ジワ)
  • 軽いたるみ
  • 毛穴縦長になる
  • ニキビ跡
  • 軽いたるみ

たるみで悩んでいる方はAPPSではちょっと難しいです。
なぜなら、筋肉層に原因があるので・・・

 

こちらの記事で詳細書いてます  →DMAEは最先端の強力たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

悩み①【シミ】とAPPS

  • 強力美白成分という異名を持つAPPS
  • APPSがシミを消す3つの理由

 

📍APPSは体内でフォスファターゼ、エステラーゼという2つの酵素でビタミンCへと変換され、美白効果を発揮します。

レーザー治療でのシミ消しはシミ予備軍には効果がないため、年に何度も施術が必要になりますし、予防は全くできません。

APPSシミを作り出す工場(大元の原因)にも、シミ予備軍にも抜群に効果し、浴びた紫外線をリセットできる効果があるんです♪

例えば,既に出来てしまったメラニン(シミの原因)さえも無色にできます。
つまり隠れたシミの予備軍(未来のシミ)に、シミとして現れるまでに肌の内部で消えるため表面には出てきません。

なのでAPPSを使っている私は、シミで悩んでいないのです♪

📍私の年代から上の方は、大体もやっとしたシミやシミがいっぱい顔にできている方が普通で、濃いファンデで隠している方が多いです。

そのため、「シミ」で悩む方にはまるで”魔法のように聞こえますが、現実的に効果のある成分です。

皮膚細胞が皮膚の下部の方で生まれると、その時に紫外線を受けてメラニンで黒くなってしまった細胞は、最上部にターンオーバーで持ち上げられ剥がれ落ちて行く時、黒くなった部分も一緒に剥がれ落ちます。

この時に、細胞が生まれる部分(シミの大元であるメラノサイトが点在する部分)にまで有効成分が浸透できなければシミを消すことはできません。

その理由は、シミを消すには、2つのこと(対策)を行わなければならないからです。

1つは、シミになってしまった細胞を無色化させるための成分を浸透させること。
2つめは、シミを作り出している工場を止めることが必要です。

既に皮膚の底で生まれてしまったシミの元も,既に見えてるシミにも作用する成分出なければシミは消えないのです。

それと忘れてはならないのがターンオーバーの力!

ターンオーバー(新陳代謝)は個人により年齢により大きな差があるのですが、20代以降はターンオーバー力が遅くなってしまう事は避けられません。

ですので、ターンオーバー力も早めないと皮膚の表面にいつまでも垢と一緒に留まり続けることになります。

ビタミンcには皮膚細胞に活力を与えるという作用もありますので、細胞に活力を与えることで、遅くなっていた細胞の成長スピードを元に戻しターンオーバーを正常に戻す事ができるので、シミを早く消す事ができるのです。

3つに対応できるのはAPPS型のみ

でも、その2つの作用とターンオーバーの活性化ができるのは、古い歴史を持ち改良されるごとに肌の深部へ浸透させる事が可能になったビタミンC誘導体の新型APPSのみです。

①【シミ】APPSがシミを消す3つの理由

  • ターンオーバーを促進する作用が強い
  • 既に出来てしまったメラニンさえも無色にできる
  • 頑固なシミを無色にする高い還元力を持つ

シミが消える時に勘違いしてしまうこと

シミが消える時は、皮膚の仕組み上、シミはまずは一瞬濃くなりそのあと薄くなって消えます。

シミが一旦濃くなり,突然消える!
(消えるというより、内側から押し上げられ剥がれ落ちている)

※”一旦濃くなる”期間がどのくらい続くのかは、”あなた”の「新陳代謝=(ターンオーバー)」によります。

ここスゴ💡
同時に活性酸素の除去もしてくれる。(全悩み共通)

悩み②【毛穴のひらき】とAPPS

APPSには血管を収縮させ皮膚を引き締める効果があるためです。

毛穴が開く原因は、毛穴の穴だけが開くわけではなくて、周辺の皮膚がたるむ事で皮膚に点在する穴が伸びてしまうので皮膚が少したるみ始めたよ!というサインでもあります。

毛穴が小さく目立たなくなってくるとキメ細かな肌になります。

悩み③【毛穴の黒ずみ】

原因を勘違いしている方が多いのが【毛穴の黒ずみ】です。

毛穴の黒ずみは、2つの症状が合わさって毛穴が黒ずんでいます。

①毛穴が開いている
②毛穴の中の皮脂が酸化し毛穴の中が黒くなっている

毛穴の黒ずみは①と②2つの対策が必要です。
特に顔の中心は皮脂が多く分泌される部分なので、オイリー肌でない方でも酸化対策は必須です。

綺麗にするスキンケア方法は、
毛穴の開きを小さくし、酸化対策とくすんでしまった毛穴の中の黒ずみ(皮脂が錆びたもの)を排出させなければなりません。

先述したAPPSには血管を収縮させる効果があることと、APPSには後述するくすみを改善させる効果があります。

悩み④【くすみ】とAPPS

肌がくすむ原因は2つあります。

1つは血行不足によるものです。体が冷えると顔色が黒っぽくなりますよね。

わかりやすいのは目の下のクマで、この部分は皮膚が薄いので血管内の血液の色が一番よく見える部位です。

「毛穴のひらき」で先述したように、APPSの血管を収縮する作用により血行を促進させると皮膚のトーンがアップします。

もう1つは、肌の表面で分泌している皮脂が酸化をしたことにより肌が錆びて黒ずんでしまうことです。
酸化によりくすむ方はオイリー肌の方が多いので、皮脂分泌を抑制することとくすみ(錆び)を取り除かねばなりません。

これは毛穴の中の黒ずみの正体です。

黒ずみの正体である「皮脂分泌」を抑制する効果もAPPSは持ち合わせています。

今あるくすみを消すにはターンオーバーを活性化させ、古い皮膚をどんどん垢にして落とすことです。

※アトピーの方の掻いた後の黒ずみ(色素沈着)にも効果します。

悩み⑤オイリー肌(ベタつき)とAPPS

オイリー肌は「脂をださなきゃいけない!」と肌が勘違いしている状態です。
その誤作動を止め,正常な皮脂の分泌量にしてくれるのがAPPSです。

APPSは、過剰な皮脂を抑制する成分として、厚生省の認可成分でもある有効成分です。

  • 強力皮脂抑制
  • 抗酸化成分

それだけではなく、

夜塗布したら睡眠中に発生した活性酸素を除去し、日中も発生しないように活性酸素を抑制してくれます。

だから、皮膚科医がプロゴルファーに夜たっぷりAPPS配合の美容液を使用するようにアドバイスするんですね。

🚨オイリー肌だとトラブル肌になりやすいのでご注意!

オイリー肌は、ベタつくので気持ち悪いとかメイクが崩れやすいとかの問題だけではなく、皮脂の分泌が多いのを放置しておくと、”過酸化脂質”というトラブル肌になります。
※この過酸化脂質こそがニキビの原因です。

オイリー肌はAPPSとスキンケアを正しい方法に変えること

洗顔は1日に2回が限度です。洗いすぎるとバリア機能が低下しトラブル肌になります。

 

コスパ最強!正しいスキンケア化粧品+α一覧リスト

📍メイク前のひと手間に、皮脂分泌抑制作用のあるビタミンC誘導体配合化粧水で肌を整えてからメイクをするのもおススメです。

悩み⑥ニキビとAPPS

ニキビは、肌の常在菌によって起こる🔥炎症です。

ニキビのできる原因は、ホルモンバランスの乱れや紫外線、食べ物などの影響で、肌の表面が厚くなり、本来排出されるはずの皮脂が上手く排出できなくなることです。

滞った皮脂は常在菌によって酸化され、活性酸素となって周囲の組織を破壊していきます。

ビタミンC誘導体は過剰な皮脂分泌の抑制と常在菌によって作られる活性酸素も除去できるので、
できてしまったニキビやニキビ予防として効果します。

悩み⑦アトピーとAPPS

大人アトピーの原因

  • フィラグソン遺伝子に異常(遺伝的素因を持つアレルギー、アレルギーが皮膚炎を起こすとアトピーになる)
  • 元々、バリア機能が弱く正常に働かない
  • 角質(皮膚の浅い部分にある)が乱れて、隙間ができているいるため異物が侵入しやすい

大人アトピー【解明していること】

  • 慢性化の仕組みが解明
  • 患者の皮膚組織や血液中にペリオスチンの量が健常者に比べ多い
  • そのため抗原がなくても炎症が起きてしまう悪循環続く
  • この結果をもとにステロイドや免疫抑制剤のような副作用のない
  • 新薬を研究中なのが現状。
  • アトピー体質の方は、上半身に血が溜まりやすい。

私がアトピーを改善した方法

簡単にいうと、
APPSで色素沈着を薄め、バリア機能を高めながら、最初だけ痒みを軽いお薬で抑える。

運動して汗をかき、同時にバリア機能を高める成分を塗り、様々な方面から、正しい改善方法を試していくことが大事です。

1 まずバリア機能をしっかりさせる

アトピー肌は、バリア機能(表皮の上の方にある)の修繕をしないと、なんでも浸透させてしまうので、異物に反応し様々な症状が出る。

無添加化粧品などは、肌に優しめではありますが、バリア機能を強化することはできない上、真皮層にまで届きません。

”刺激は少ないけど効果もない”のです。

2 汗はかいても、すぐに洗い流さない。

汗をかいて痒くなった場合は保冷剤などで冷やす。

汗は皮膚に再吸収され天然の保湿材になります。
それなのにシャワーや入浴で、その天然保湿剤を流しているのです。

3 軽いステロイドとの併用も大事(期間内)

ステロイドを絶対悪だとするのは間違いだし、最近の週刊誌の煽り方は異常です。(販売数を上げるためですよ)

痒みを止められるのはやはりお薬です。
まずは痒みを抑え、「かかないようにすること」を最優先にしてください。

ステロイドの種類や部位によって変わりますが、2週間までを限度で。

そもそも角質層が乱れている皮膚なので、正常な肌だと安全で刺激のない成分にさえも反応してしまいます。

バリアが強化されるまでの2週間までは、痒みが遅まるまでステロイドやかゆみ止めと併用も必要です。

ステロイドとは?

20年前から使われ始めました。

大人のアトピー
が増えている理由は、
その当時、
ステロイドの怖さを知っている人は、ほんの一握りでしたから
ほとんどの人はステロイドに頼り、依存気味だったことは確かで、その人たちが大人になってぶり返しているのが原因です。

でもステロイドはフィラグソン遺伝子をダウンさせることは確かなので、上手に付き合うことが良いと思います。

触り癖って意外に根深い!

私もアトピーっ子で包帯ぐるぐるでした。
(プロフィールに書いてます)

その時の名残りらしいのですが、皮をめくる癖があって今でも時々やっちゃいます(汗)

「あっいけねぇ〜!」と気づくタイミングが早まってきたので大丈夫ですが、アトピーを持つ皆さんも、覚えがないですか??

私は唇の皮を剥いちゃうので、対応策としてグロスを塗るようにしています。
ワセリンだとダメで、色付きだと指についちゃうから、めくるのを辞めるようです(笑)自分の指なのに、コントロールが難しい(泣)

アトピーで絶対ダメなことは

  • ボリボリかく・・・掻くと肌のバリア機能が傷つきます。修正しようと思ってもかいてしまうと自分で壊していることになる。
  • オイルを使うこと
  • 温めること(汗を掻くことは大事)
  • アルコール入り化粧品
  • 入浴回数多くしない!(1日1回)

新型APPSの効果を実感できるまでに要する時間はどのくらいかかる?

新型APPSの効果を実感できるまでに要する時間はどのくらいかかる?

悩み別の具体的な必要日数

私がビタミンc誘導体の最新型APPSを使いはじめてから効果が現れるまでの実体験を記録しておきました。

若かった頃の懐かしい肌に再会した時の私の感動を、ぜひあなたにも実感して頂きたくて記録を記載しておきます♪

個人差というのはターンオーバー(新陳代謝)のスピードの違いをさします。

ターンオーバーは年齢や季節によって大きく変わりますが、大体の方が2週間もしない内に実感できると思います。
もちろん悩みが深い場合は、APPSの使用を始めた日から細胞が完全に生まれ変わるのに3ヶ月くらいは要します。

 

🚨傷の治りが遅くなったと思ったら、それはターンオーバーがすごく遅くなっているという紛れもない証拠です。

悩み別の具体的な必要日数

個人のターンオーバー日数により若干違いますが,まず使い始めた時に、「何かが違うぞ」と感じます。

↓効果するまでのだいたいの目安を書きました。(実体験は下方に)

2週間〜
ニキビが減ってくる。

1ヶ月半〜
シミ,クマが薄くなる(その後消える)

*唇のシミは、寝る前に塗って上から白色ワセリンなどでカバーするのがオススメ♪

2ヶ月半〜
「夏なのに気付けば今年は肌が白いぞ!」
※強力な紫外線(UVなしで海水浴,ゴルフとか)を浴びるのは「無し」での話。

「入浴後,何もつけていないのに子供の頃のあの肌みたいに潤いで満たされているじゃないか!」と驚く。

オイリー肌はこの辺りで,べたつく感じがしなくなります。
※ジャンクフード等を食べたら効果は激減しますけどね。

3ヶ月〜4ヶ月
ハリ、艶っぽさが戻り、毛穴が小さくなる。
身体のたるみ,手の甲のシワや,首のシワ,フェイスライン(輪郭)のゆるみ,深いシワの改善,唇のシミ。

ニキビ跡や鼻の黒ずみも薄くなるのがこのくらいの時期です。
(イチゴ鼻で悩む人は,3ヶ月後の変化をお楽しみ♪)

年代特有の悩みで言うと、

  • 30代の悩みで2ヶ月,
  • 40代前半で4ヶ月,
  • 40代後半〜50代で5ヶ月
  • 60代〜で6ヶ月

というのが目安です。

肌年齢が時間の経過と共に巻き戻されていくのを実感できます。

APPSを日々のスキンケアに取り入れよう

APPSの濃度について

水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体の場合は、推奨濃度が5%になります。一方で、両親媒性ビタミンC誘導体であるAPPSの推奨濃度は、1~2%です。
一般的にビタミンC誘導体は濃度が高いほど高い効果が得られやすいといわれますが、10%以上からは効果に差がなく、刺激性が強くなるといわれています。

😵❓ローション?美容液?クリーム?どれがいいの??

化粧水は水みたいなものなので、価格を低めに抑えて販売する必要があり、APPSの量は極少になってしまうので効果はないに等しい。

クリームは、オイルが配合されているので浸透できないため、効果は難しい。

APPSはこれで浸透させる!【APPSならこの美容液!】

ビタミンC誘導体APPSは美容液で浸透させるのが最適です。

必ず美容成分は美容液で浸透させています。

その理由は、スキンケアアイテムにはそれぞれ役割があるのですが、化粧水はそこまで重要ではなく、ほぼ水だと思ってください。
クリームや乳液は、オイルが配合されているので、ここにAPPSが入っていても肌奥に入っていくのは難しいのです。

美容液は、スキンケアの中では主役だと思っていて、美容液に配合されている成分は何を選ぶかで、その人の美容知識がわかるくらいです。

美容液がどうしても他の化粧品より価格が高くなる理由は、美容成分の配合率が高く、水も少なくオイルも入っていないので薄めてごまかせないため美容液の価格は高めなのです。

究極の美容法を実践されている方の中には、スキンケアは洗顔と美容液だけという方も多いです。
ただ、これは生活スタイルや肌の違いなどもあるし、美容の知識が豊富でないと難しいかと思います。

📍皮膚科医が女子プロゴルファーに伝授していること

"ビタミンC誘導体"の美容液をたっぷり塗ること。
これでUVAでできるシワ改善、UVBでできるシミ改善ができます。

⬆︎紫外線を完全に予防することが難しい職業の方でも、ビタミンC誘導体だけは塗っておくと40代になった時にシミだらけの顔になる予防ができます。

 

私が使っている高濃度で浸透力が高いAPPS美容液

皮膚科医の開発した「高純度・高配合・安全成分」で構成されたAPPS美容液を使っています。
厳しい基準をクリアしたドクターズコスメです。

⚠️名前が知られているような化粧品メーカーは、
ブランド価値や広告料金を販売価格に乗せるため、含有量が少ない上価格が高くなります。

知ってほしい❗️❗️ 1000円とかでは効果が出せるわけないことを💦

 

肌が弱い方にも超おすすめできます。

肌が弱い敏感肌さんや、アトピー肌さんは、高濃度系の一般化粧品を使ってしまうと、ひりついたりするので泣く泣く諦めることが多いですよね。

昔の私もそうでしたが知識がついてくると、情報収集が上手になり、研究者さんたちからお話を聞いて、どこのメーカーさんが信頼できるかなど教えていただくことができ、今は効果が高い化粧品を使うことができるので勉強してきて本当によかったなと思ってます。

APPS美容液の詳細をお伝えしている記事はこちら

APPSとフラーレンが高配合・高純度の美容液が一番効果が高い!

 

フラーレンと併用するといいの?

フラーレンはビタミンCの約170倍もの抗酸化力をもつことで知られる美容成分です。
肌の中に活性酸素が多くあるとAPPSが効果を発揮する前に酸化されてしまいます。

併用することでフラーレンが活性酸素を吸着し、APPSの酸化を防いで美肌効果を最大限に高めてくれます。

APPSの効果の浸透力を高める使い方

ちょっとした使い方で浸透力が高くなったり、逆に間違った使い方をすると効果は薄くなってしまいます。

正しいスキンケアありきで最新型ビタミンC誘導体APPSの効果が高まります。

📍洗顔直後につける

APPSは、肌の奥に入っていくので、洗顔後の何も肌についていない状態に塗布します。
先に何かつけてしまうと、蓋をして邪魔をするようなものなので・・・。

 

📍肌がごわついてるまま塗布

肌がごわついている状態や皮膚が厚くなっている状態ではAPPSの浸透力は弱くなってしまいます。

ごわつきの原因は、ターンオーバーが遅れて肌の表面に死んだ細胞である垢が剥がれ落ちないためで、

そのターンオーバーが遅れる原因は、肌がダメージを受けた後や乾燥状態が続いてしまった時などです。

 

⛑ごわつき(角質肥厚)を改善する方法

・天然ピーリング

老化で溜まる「角質層の老廃物」を大吟醸酒粕と17種類の美容成分で除去

・手作りAPPSパック

→🙇‍♀️準備中

新型APPSはコラーゲンやヒアルロン酸を自力で増やせる最先端成分!

新型のビタミンC誘導体APPSは、真皮層の物質「コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン」を作り出している線維芽細胞を増やす作用を持っています。

つまり、APPSを塗布するとコラーゲン・ヒアルロン酸が自力で増えるので別で化粧品を購入する必要がなくなるんです。

 

ふっくらとした弾力のある若々しい肌に戻すためには、30代から減少してくる真皮層の物質を増やさなければりません。

30代中頃から、真皮層にある大事なコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの物質が減少するために、シミや、初期のシワが現れたり乾燥肌に傾いていきます。

新型APPSはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やすことができる

新型APPSはコラーゲンやヒアルロン酸を自力で増やせる最先端成分!

  • コラーゲン・エラスチン(弾力)
  • ヒアルロン酸(艶を出す水分)

肌のハリ・弾力を作っているのはコラーゲンですよね?
でもコラーゲンが減少すると、顔がたるみ,シワが表れ、毛穴も下がります。

そのコラーゲンは、ビタミンCを栄養にして分泌量がグングン増える性質ですが,コラーゲンは真皮層にありますので,そこまで浸透しなければなりません。
※だから真皮にまで有効成分が届かなければ,ただの保湿効果です。

知らないと損する話!

コラーゲンもエラスチンもヒアルロン酸も、それらが配合された化粧品を塗っても効果はありません。化粧品等で塗布しても増やす事ができないのです。

これらの成分は分子が大きいため浸透しないし、逆に低分子と謳われている化粧品は、危険性が高いことが判明し最近減って来ています。

それと、飲んでも胃で分解されてしまうため皮膚には届かないのです。

 

APPCは効果の高いコラーゲンを作り出す事ができる!

ビタミンC誘導体APPSは、ただのコラーゲンではなく「完全型コラーゲン」を作ります。

肌に本来備わっているコラーゲン、セラミドなども,ビタミンC誘導体APPSの力で増量されますので,見た目年齢が5歳マイナスになることは簡単に想像できますよね。

皮膚細胞のテロメアにはAPPSという成分が効果します。

テロメアとは?

  • DNAを守っているたんぱく質
  • DNAの両端にある

このテロメアは短くなっていきます。
このテロメアがなくなることは細胞分裂も終わるということになります。

これは寿命にも直結しており、長寿の方はこのテロメアが長いという研究発表があります。

現在、研究が活発に行われています。

皮膚細胞のテロメアが短い方は、紫外線から守るパワーが低く、皮膚ガンにもなりやすいということです。

テロメアが短くなるのを防ぐには、細胞にダメージを与える生活を極力控えることです。

  • 暴飲暴食をしない
  • 良質な睡眠
  • 適度な運動を行う
  • 大気汚染
  • 細菌感染

活性酸素を増やさないように生活を工夫することが若返りに効果大だし、寿命を長くすることにも関係しています。

ビタミンc誘導体などの原料で化粧品を手作りする方へ注意事項

素人さんでも手作り化粧品を簡単に作れる時代です。

ただし、少しでも手を抜けば、逆に肌が汚くなる”化粧品”になりますので、しっかりこの記事をお読みになってからお作りくださいmm

最新のニュースで、手作り化粧品で「失明や皮膚疾患」が多数発生していると発表がありましたね。

化粧品を手作りされる方は、それなりにネットや雑誌でお勉強されており、
美意識も知能も高い方が多く,市販の化粧品に愛想を尽かしたか、お金を使いたくないかのどちらかだと思います。

*ちなみにほとんどの方が、手作り化粧品で汚い肌になってしまいその結果、市販の化粧品の方が効果があったとなる場合が多いです。

*前提として”優良なメーカーの化粧品”でということです。

それほど手作りは簡単なことではないと肝に命じてくださいmm

ご存知だと思いますがビタミンC誘導体(他の成分でも)の化粧水は、無意味でお金がムダですよね。

一般の化粧水は、水分が99%なのでビタミンc誘導体の配合率が低いためです。

ビタミンc誘導体などの原料で化粧品を手作りする方へ注意事項

手作り化粧品が危険な理由その1

ビタミンc誘導体の原料は粉末状で、空気に触れると酸化する性質です。

  • 原材料はメーカーの研究所等の設備環境での保管ではないため
    劣化するのが早くなります。
  • 冷蔵庫保存必須のため,持ち歩きできません。
  • 常温だと性質のため、泡になり噴き出してきます。(吹き出さないように製造できるのがメーカー)
  • ばい菌の繁殖について食材ではないからと
    軽く考えている方が多い。冷蔵庫でも繁殖します。
  • 作る時に,勉強していないので不衛生の環境で作っている
  • 多くの医師が、メーカーの製造方法に”手作り”は勝てないと言っている。
  • 配合成分の微妙なバランスは一般家庭のキッチンではできないんです。

ですので,成分に拘った優秀な化粧品に手作り化粧品は勝てません。

リサーチすると,”お金を使いたくない”からと,手作りする方が圧倒的に多く。適当にネットの情報をみて作っていますよね。

どんな人がその作り方を公開しているかも調べずに。。。
ほとんどが素人の主婦ですから。

皆さん、自分の肌を大事にしましょう♪

※個人で販売されている方がいますが,自宅でどうやって繊細で不安定なビタミンC誘導体の原材料を保管しているのでしょうか?

しかも大量にメーカーから仕入れるのが基本なので本当の消費期限がとても気になりますよね。

安いからと某オークションで、ビタミンc誘導体の原料を落札したら商品が届かないという悪質なことをされたと、
FBのメッセージで教えていただきました。ご注意ください。
手作りでは、効果がないと気付いた人たちのリピート購入がなくなって、
原料自体がないのかも・・・ですね。その方、2、000円以上を泣き寝入りだそうです><

手作り化粧水が危険な理由その2

ビタミンcに限らず、手作り化粧品に使う原料は粉末の方が添加物がないため、
粉末で購入する方が多くなりますよね。(添加物が入っていればなんのための手作り?となりますよね)

材料は化粧品用の水とお目当の原料の粉末とグリセリンが基本になると思いますが、
肌に塗布するとこの手作り化粧品の水分はすぐに蒸発します。

ですが原料の粉末は目には見えませんがパウダー状になって肌上に残ります。
粉というものは肌を乾燥させるため、肌の水分を吸収させる作用が強いものですから、
皮膚内の水分を吸い上げてしまいます、そのため肌は乾燥肌に急激に傾いていきます。

クリームや乳液を使用している方はそれに気づけず、
ターンオーバーを乱れ肌はごわつきバリア機能も低下して
肌のトラブルやたるみ・しわ・しみができやすい肌環境になっていきます。

コラーゲンやヒアルロン酸の場合

コラーゲンやヒアルロン酸は分子量がビタミンcよりも大きいため、水分が蒸発するのに時間がかかります。

分子量が大きいため皮膚の上に残るのは粉よりも大きいため、乾燥だけに止まらず、異物とみなし炎症などを引き起こします。

もちろんハリ弾力を生み出すために真皮層にコラーゲンヒアルロン酸は必要です。

ビタミンC誘導体などの原料で化粧品を手作りする方へ「よくあるトラブル」

少し美容をお勉強されている方なら,
ビタミンC誘導体の原料を使われる方が多いと思います。
これだけで十分だと言う方も多いですよね。

医師でも美容家でも美肌のためにビタミンC誘導体は必ず入れると言っていい程、その他の化粧品とは比べものにならないくらい効果を感じます。

皮膚科の医師は理解しているので,大丈夫だと思いますが一般の方だとビタミンC誘導体を毎日マジメに塗り込みます。

その結果パシパシし乾燥状態になるんです。

だからといって油をとろつかせたもので保湿しろとは申しません。
普通の人は、保湿を”油”でしていますが,(クリームや乳液のこと)
それってべた付いているだけで,実はまったく潤っていません。

人体の肌の中で水分となるのは潤いであって 油分ではありません。
肌の内側の保湿ができる成分で蓋をしなければ正しい保湿ではなく、どんどん肌は酸化し、劣化が早くなってしまうのです。

 

ビタミンc誘導体などで化粧品を手作りする方へ「正しい保湿」

油(クリーム乳液)をつけていると、肌は段々乾燥が酷くなりバリア機能が壊れ、敏感肌に突入します。

クリームや乳液を塗るのが間違った常識のままであるのは,大昔、お化粧が庶民にも広がった時、そのお化粧を落として洗顔すると、肌が乾燥しますよね?

それを何かで潤したいとなりましたがその時代は、油しかありません。

時代が変わりクリームを製造する技術ができ,油ではないように宣伝して成功している,それが今も続いています。

先述のセラミド、フラーレン、EGF等も原料成分として販売されており私もできれば手作りしたいので,もう何年も安くならないかと待っていますが,ならないですよね(泣)

効果の高い原料を購入できるのは,資産のあるメーカーで,成分を安定させ,成分同士の相乗効果を上げたりできるのは,業務用の数百万以上する大きな機器と熟練した技術士の経験が必要です。

「手作りしかダメ」って思ってる人は逆に肌が弱くなり,性格も神経質になりすぎている方が多いので何事もバランスが一番だと思います。

自宅で一般人が手作りすることは,限界がありますので私は、比較的手作りしやすい化粧水と美容液しか公開していません。

クリーム,乳液は、手作りでも油分であることには変わりません。
オイリーの方も皮膚の水分量(飲む水分とは違う)が足りないことが原因で皮脂が出ている場合は,保湿している成分が間違っているんです。

だまされないで!

①美容家はメーカーに気に入られないと商売になりませんのでクリーム,乳液の毎日使いを簡単に勧めてきますのでご注意を!

②クリームよりも界面活性剤が多いのが乳液です。

 

最新型ビタミンC誘導体APPSの驚きの効果の実体験談

私のシミとたるみといちご鼻を改善できたお話

まずは、「シミ」。
体の部位にもよりますが,シミが急に濃くなって数日で気が付けば消えています。

※「シミが濃く!?」

皆さん,ご安心を!
シミは薄くなる(消える)前に「一度、濃く」なります。

シミにはターンオーバーが関わっていますので,
人によりポロッと剥がれ落ちるまでの時間が違います。

ご存知でしょうか??顔より手の甲の方が消えにくいのです!

さぁ,このシミは消せるまでどのくらいかかるのか?

・・・と,手のシミは未知の領域だったため腹をくくり,APPS美容液を手の甲に1日に3回塗りました。

本当に信じられない話ですが5日目で消えてくれました。
最初の3日間は、呆然として記憶も曖昧なほどです。

3日目に薄くなり5日目に完全に消えた時,
夢でもみたのかと思いさすがに私自身も信じられていませんでした・・・

信じられない!と思ったのですが、APPS美容液を毎日使っているからこそ、
シミが表面に表れた(5日間)は,驚いてしまったけど
メラニンの活性化はAPPSが止めてくれている訳で,右手はよく動かすため代謝が早いから,ポロッととれたということです。
老化に敏感な私は少しパニックになっただけのようでした。

APPSではなく,従来のビタミンC誘導体だったら年齢的なことを考えると消えなかったでしょう><

私は、19歳前後の時、ニキビ跡のお手入れに従来のビタミンc誘導体コースを受けに、お客としてエステにもクリニックにも行ってました。
コースで10回、10万円のローンしてました><
皆さんは無駄なお金を使わないでくださいねmm

<追加>
APPSとDMAEの最先端成分を3ヶ月続けていたら、レーザーでも難しいと言われている「イチゴ鼻」も薄くなってきました。

顔より少し厚めの部分のため若干お時間はかかりますが、体にももちろん効果しますので,首やお尻や二の腕にも効果します。
*首は皮膚が薄いので効果が早いです。

最新型ビタミンc誘導体APPSの美容液の効果についてアンケートにお答え頂きました♪

APPS美容液の効果についてアンケート調査行いました。

〜最新型ビタミンC誘導体appsの効果について〜

私の最新型ビタミンC誘導体appsの記事をたくさんの方にお読み頂けていることに大変感謝していますmm

今日は、使ってみて最新型ビタミンC誘導体appsの効果はどうかな〜 ??

と気になったのでアンケートを実施し、たくさんの方からご回答いただけたので、それをシェアさせていただきます♪

*絵文字などは文字数削減で消してますmm

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(45歳,黒ずみ)

首の色素沈着に効果がありました 色々と化粧品を探し続けてきましたが、肌に合わない事が多いため 大変感謝していますmm

最新型ビタミンC誘導体appsアプレシエの効果(37歳ニキビ跡)

にきび跡を薄くしたくて購入しました。
あず浸透力に驚いたのと、保湿力もあり、刺激がないためずーっと使いたいです。
感じた効果は、顔全体のトーンが明るくなり、
そして毛穴の引き締めも効果がありました。

ニキビ跡も凹みが少しずつふっくらしてきてます。
イオン導入器を使ったら、もっと効果が早いのか気になります。

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(34歳,ニキビ(赤)・ニキビ跡 )

ニキビの跡とそこの部分が赤くなったままでなかなか改善しませんでした。
プロアクティブで治ると思いずーと続けていましたが
酒井様のこのブログで考え直し、
最新型ビタミンC誘導体apps配合の美容液
に変えました。
ニキビ跡は、その部分がふっくらしだし、目立たなくなってきました。
ニキビの赤みは即効で引いて、その後新しいニキビもできなくなりました

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(40台前半)

他のサイトでも「手作り 化粧品 失明」などを知り、
調べていると、酒井さんのブログに出会いました。

手作り化粧品だから「良い・効果が高い」というのは
思い込みで、逆にボロボロな肌になると経験したため

最新型ビタミンC誘導体appsの美容液を試してみました。

イオン導入器も買いたくなかったので、導入器なしでも浸透力が
高い最新型ビタミンC誘導体apps美容液のフラセラムは,
毎日使いやすいため、2か月目に突入しました。

最新型ビタミンC誘導体appsの効果は、私の場合紫外線を浴びても
赤くなったり、カサカサになることがまずなくなりました。

翌日のダメージがひどかったんですが、きっと皮膚のバリアが強くなったんでしょうね。
ほうれい線の部分がふっくらしてきて、コラーゲンがアップしたのかな〜って嬉しい毎日です。

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ20代後半

10代の頃はニキビで全く悩みませんでした。
それなのに、20代中盤くらいからある日を境に大人ニキビが発症し、
プロアクティブー>エステーー>クリニックーー>ジムー>漢方外来ーー>水素水ーー>
岩盤浴→マクロビ→玄米食などたっくさんのことを試しまくりましたが、

黒ニキビなどへ変化し、マスクなしでは外出できないほどでした。

デトックス系で調べている時に、このブログの記事を発見し、
食事からスキンケアまで全て取り入れています!

現在4ヶ月目ですが、ニキビは埃にさえ触れなければできなくなり、
家族の方が驚いています(∪´>‿<`)

新しい素敵なアイテムがアップされるのを楽しみにしていますが、
酒井さんは、めったに化粧品を変えられないため、そこも信頼できています♪

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(38歳)

つい最近まで、何も知らない私はデパートの高級化粧品を
色々試してきました。

効果どころか、顔の皮膚が痛くなってきて、皮膚科に通うようになっていました。

まるで体質までもガラッと変わってしまったようで
仕事も休みがちになり引きこもるようになったため
書籍でもネットでも肌や体について調べていると
このブログに出会いました。

最初は洗顔から取り入れ始め、とても効果を感じたため
定期にすると安くなるのを知った、
新型のビタミンC誘導体apps美容液を使い始めました。

まずは肌を元の状態に戻すことから始めたのですが
改善がとても早くて、

悩んでいた大人ニキビと、毛穴の開きもあっという間に
気にならなくなりました。

これだけでも大変嬉しいことなのに貪欲な私は、
たるみのケアに気持ちが向いています(笑)

数ヶ月後の肌が楽しみでなりません!

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(50歳)

酒井さんのスキンケアはクレンジング、洗顔、apps美容液、dmae美容液、ジェルまで使っています。

dmae美容液の効果もあると思いますが、
キュッと肌が引き締まるのを感じたのが最初で、

目の皮膚が重かったのが感じなくなりました。

毛穴が伸びきったようになっていたのも
30代くらいの開き具合に戻り、
お化粧のノリがものすごくきれいになったのを実感しています。

どのメーカーの美白化粧品やリフトアップ化粧品にも
効果どころか、成分が強すぎて痒みなどがすぐ発症していましたが、

何もマイナスな症状はありませんし、安心して使えています。

もともと色のくすみはないので、そこはわからないのですが、
私の悩みは改善されています。

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(32歳)

apps美容液3本目です。
早く効果が出たのは、顔全体の色が2トーンほど明るくなりました。
そのあとに2週間くらいして、頬の高い部分にあるシミが気にならなくなるほど薄くなり、
毛穴の形が小さくなりました。

ここまででも十分効果を感じていましたが、
キュッと引き締まってきたので、
dmae美容液だとどうなるのか興味津々です(笑)

まだ32歳なので、それまでは
apps美容液だけで、満足してます。

あ、それとエステに全く行かなくなりました!
なんであんな素人さんのアドバイス聞いて従ってコースを購入してたのか、
黒い過去です><

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(45歳)

このブログに出会うまでに買ってしまった化粧水をもったいなくて、apps美容液の前に使っていました。

あまり効果を感じないのでショックだったのですが、化粧水が1週間ほどでなくなったので、洗顔の次に使うと、即効果が現れました。

まずは毛穴が引き締まりニキビが引いていくのが2日目で始まりました。

1週間経過すると、くすみがどんどん薄くなっていき今まで使ってた美白化粧品では全く感じなかった効果が現れて感動しています。

きっとたくさんのビタミンc誘導体appsが配合されているんでしょうね。

最新型ビタミンC誘導体appsアプレシエの効果(40代)

3週間経過した頃、急に周りから「色が白くなったね」「痩せた?」と言われ始めました。
酒井流のスキンケア一通り同時に始めたので総合力だとは思いますが、
シミが薄くなっていくのは毎日実感しています。

シミって悩まなくてもいいことだったんだ!と気づきました。

肌がツルツルにもなってきて、この先どこまで変化できるのか楽しみです。

もちろん日焼け予防も頑張ります!!すごい、ビタミンCapps!

最新型ビタミンC誘導体appsアプレシエの効果(40代)

頬のたるみの毛穴が引き締まりました。
他のビタミンC誘導体では乾燥して突っ張るだけで
悩みを改善することができませんでしたが、

最新型ビタミンC誘導体のappsは全く違います。

肌のくすみもなくなり、肌のトラブルが激減して
もう手放せません。

私が使っていたのは、手作りに使う原料だったのですが、
とにかく邪魔くさく、冷蔵庫まで取りに行ったり、
衛生面も気をつけたりと頑張りましたがすぐに
臭うし、効果は感じませんでした。

それに、手作りは泡が立ち溢れ出てしまって無駄になりました。

最新型ビタミンC誘導体appsアプレシエの効果( 37歳)

三日目で明らかにシミが薄くなり、肌の色が明るく、毛穴が引き締まりました。
大変驚いています。

apps美容液は顔用ですが、背中にできる吹き出物にも塗ると、
次の日には小さくなり1週間すると、
新しくニキビができることはありません。

こんなに即効性があるとは思っていませんでした。

最新型ビタミンC誘導体appsアプレシエの効果(41歳)

ビタミンC誘導体の原料を購入し手作りで使っていましたが、
腐っていることにも気づかず使い続けてしまい、気づけば肌はブツブツだらけになってしまいました。

ビタミンC誘導体の効果が高いことは昔から知っていたためいろいろ勉強していると、このブログに行き着きました。

定期だと安かったためapps美容液を購入し、只今1ヶ月経ちます。

顔がベタつき、オイリー肌なことに悩んでいましたが、他には何もしていないのに、ベタつくまでの時間が4時間くらい伸びました(笑)

油物を食べなければほとんどベタつかないです。
オイリー肌が改善された効果だと思いますが、

肌のくすみがパーっと飛んで
ファンデーションの色味が合わなくなり
買い換えたくらいです。

最新型ビタミンC誘導体appsの効果アプレシエ(38歳)

トレチノインとハイドロキノンに手を出し
色素沈着になり大変悩んで毎日を過ごしていました。

これらの薬品は、よほど家で過ごす時間がものすごく長い方、
子供がいない方、仕事をしていない人しか無理だと思い

ビタミンc誘導体を探していると
酒井さんの記事を拝見し、apps美容液を即購入しました。

色素沈着になった部分はみるみる薄くなって
元の肌の色に戻りつつあります。

同時に気にしていた、黒ずみも薄くなり、毛穴も引き締まりました。

トリタビ&ツキヨミ姉妹

姉は美容や備蓄などのお話担当で、妹は旅の失敗談や、お店やホテルの感想を個人的なブログだからこそ正直にお伝えしています。 YouTubeで動画も投稿していますので、ご参考になれば嬉しいです。 SNSも更新情報や旅先から緊急情報を発信します。

-40代50代若返り美容法, 最先端美容

© 2023 ✈️トリタビ🧴